読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

出産を待つ側のドラマとリアル

第二子が生まれたんですけど。
ドラマの出産シーンてあるじゃないですか。
例えば、立ち会いなしの場合だと、
分娩室の前で夫が祈るようにして待ってて、
しばらくすると「オギャア、オギャア!」って聞こえてくる。
夫は「はっ!」みたいな。立ち上がって。
分娩室のドアが開いて、
看護師が赤ん坊抱えて出て来て、「元気な男の子ですよ!」とか言うの。
で、夫が涙ぐむと。
今回の私の場合は帝王切開だったんですけど、産婦人科の談話室で待ってたんですね。テレビあるとこ。両親やお義母さんと。手術室は別の階にあって。
で、まあ、雑談してるわけですよ。「そちらの息子さん、結婚はまだ?」みたいなね。
で、1時間ぐらいしたら、看護師さんが保育器押してくるの。
もうコース料理が運ばれてきたぐらいの感じですよ。
赤ん坊は「ふええ、ふええ」とか言ってて。
それからどうなるかというと、撮影会ですよね。スマホで。私も両親もお義母さんも。
「じゃあそろそろ」みたいな感じになって、看護師さんが保育器押して去っていく。
これがドラマとリアルの差です。
立ち会いの場合は分かりません。
長女のときは手術室から出てすぐ抱っこさせてくれましたけどね。
まあそれでもすぐ画像は撮りますよね。スマホで。