読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

パクチーを食べる仕事

今日の夕食は生春巻きだった。

自分で作る形式。

具、一覧の中にパクチーがあった。

私は食べない。

妻が好きだ。

くさいので遠ざける。

石けんを食ってるみたいだ。

 

パクチーを食べるという仕事があったとして。

私はツラい思いをしながら食べるだろう。

「お金のためだ」とか言って。

でも、お金を払ってでもパクチーを食べたい人もいるかもしれない。

私が苦手な仕事を全部好きな人にやって欲しい。

でも私の仕事がなくなったらお金がなくなる。

それに仕事は包括的なものだ。

 

パクチーを好きな人と嫌いな人の違いは。

私はパクチーを好きになれるのだろうか?

そうなるには相当の努力が必要では?

そしてその努力をする意味はあるのだろうか?

単に夕食にパクチーを食べるかどうかなら、食べなければよい。

しかしそれが仕事なら。

人の感覚の違い。

それは運なのだろうか?

一生パクチーに翻弄されて生きるのだろうか?