徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

呼吸

『呼吸を制するものは人生を制す』という言葉がペンタゴンの中の人が書いた本に書かれていた。

ストレスに強くなる系の本。

そらそうだろう。

相手の呼吸を止めてしまえば相手の人生を奪えるのだ。

本にはそんなことが書いていたわけではない。

人はずっと呼吸をしているようでいて、無意識のうちに止まっていると、呼吸が。

だから常に呼吸をしていなさいと。

呼吸の大切さはいろんな本で書かれている。

自己啓発書、健康本、精神世界、などなど。

緊張したら深呼吸をしなさい、という言葉も聞いたことがあるだろう。

小難しい話では、感情は操作できないが、呼吸は操作できる、呼吸を操作すれば感情を操作できる、あと交感神経と副交感神経がなんたらかんたら。

 

しかし、やってみれば分かるのだが、緊張しているときに深呼吸なんてできないのだ。

落ち込んでいるとき、憂鬱なときもできない。

肺の周りの筋肉が硬直している。

無理やりそれを広げようとしたところで痛みが増すだけだ。

硬く体育座りをして縮こまっている子どもがいたとして、無理やり引っ張ってもよけいこわばらせるだけだろう。

じゃあどうすればいいのか?

 

知らない。