徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

自分を直視できない

自分を偽る。
例えば、レコーディングダイエットをしようと思い立つが、一部書くのを省略する。
めんどくさいということもあるけれど、例えばお菓子をつい食ってしまった場合など、「これは例外」と書かなかったり。
これはどういう心理なのだろう。
他人にウソをつくのは分かる。
よく思われたいから。
でも、自分にウソをつくのはなぜ?
自分では知っているはずなのに。
食べたことを。
体重を計りたくない、健康診断に行きたくない、などは分からなくもない。
事実を、不都合な真実を直視したくないから。
しかし、食べたものの記録、行動の記録を、しないというのは。
実際自分は見聞き行動しているのに。
理想に反する行動を振り返りたくない?
理想の自分があってそうでない行動をした自分を見たくない?
しかし、例えば鏡が正しい像を写さなければ、自分がどう行動していいか分からなくなる。
記録も正しくなければ、修正しようがない。