徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

思い込み

アドラー心理学では、幸せになるには、他者に貢献する感覚が必要だと言っている。

それは本当に他者に貢献していなくもいいし、本当に他者に貢献していたとしても、それが感じられなければダメなのだそうだ。

主観。

思い込み。

『野の医者は笑う』を思い出す。

前世やオーラが見えるかどうかも思い込み。

主観。

全ては、マインドコントロールなのか?

セルフマインドコントロール。

宗教もそうかもしれない。

輪廻転生だって、科学的に証明しようがない。

悪い行いをさせないためのマインドコントロール。

因果応報も、現実世界では、それは真理ではあるけれど、田原俊彦をレンガで殴り続けると死ぬのは真理だ。

宗教の因果応報は、前世の因果が巡ってきたりする。

今、悪いことが起こったとして、事故や病気になったとして、「それは前世の行いが悪かったから」という宗教もある。

あるいは「それは神からの試練だ」「試練かもしれん」などという宗教もある。

それは本当かどうかは証明しようがない。

それは事故や病気を受け入れるためのマインドコントロール、方便なのだ。

結局、そいういうことなのか?

幸せになるには、自分をなだめすかし、説得し、脅し、論破し、マインドコントロールし、思い込ませることなのか?