徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

『FUKC IT「思い込み」をぶっこわせ!』を読んで

本の中にも引用があるんですけど、エックハルト・トール辺りのスピリチュアル系の二番煎じみたいな本ですね。

 

ああいう本を著者が読んで試してまとめ直しましたみたいな。

 

あとは

『執着を手放す。』

というのに重きを置いてる感じ。

それが

『FUCK IT』

というタイトルに表れていると思うんですけど。

日本だと

「クソが」

とか

「しねや」

みたいなスラングなんですかね。

 

瞑想の本とかで、

「お釈迦様は瞑想で悟った。

その瞑想を教えます。」

みたいのがあるじゃないですか。

でもそれ

「ホントかよ?」

って思うんですよね。

だったらお釈迦様はずっと

「瞑想やれ」

って言うはずじゃないですか。

でもお釈迦様の説教って相手へのアドバイス的なものばっかで、瞑想の方法をくわしく教えてないと思うんですよ。

知らないけど。

で、どの本にも記されている、

「お釈迦様は6年間難行苦行をしたが悟れなかった。」

というエピソード。

「えっ、じゃあ最初から瞑想してれば悟れたんですか?」

っていう話じゃないですか。

「修行してても意味ねーわ。

死ぬわ。」

と思ったから悟れたと思うんですけど。

言わば執着を手放した。

執着を手放したら悟れますよと。

 

でも今wikipedia見たら、

『「今、悟りを得られなければ生きてこの座をたたない」

という固い決意で瞑想した。』

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/釈迦

って書いてる。

命がけの執着で瞑想したから悟れたのかな?

分からん。