読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

あてもなく書くこと

倉下さんの小説の書き方は私のブログとおんなじだった - のきばメモ

 

あてもなくブログを書こうとすると、「オチは?」というコメントがついたことを思い出す。

それで「オチどころか本題もないしなあ」と思って書かない。

大阪人はオチのない話を許さないらしい。

「あ、パトカーだ」だけだとフルボッコにされるらしい。

おそらく「お前捕まえに来たんちゃうん」とかボケないといけないのだろう。(つまらないボケだ。)

そういう、オチ、オチでなければ結末がすでになければ書くことは恐ろしい、あるいはめんどくさいことだ。

とりあえずあてもなく外を散歩したけど、暑いし不快だった、ということになりかねない。

しかもブログというものは「チラッ」があるのである。

「チラッ」誰かが読んでくれるのではないか。

いや、読んでくれなくていいんですよ、大したこと書いてませんしね。

いや、そもそもPVも1桁だし、そもそも誰も読んでないか。(チラッ

そういう自意識があてもなく書くことを億劫にさせるのだ。

「じゃあ書かなければいいじゃん」というのはその通りで、もう書くのをやめます。

このエントリーを。