読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

小説が好きかどうか

妻は小説が好きだ。

私はそんなに好きではない。

ビジネス書とか読む。

妻はビジネス書とか読まない。

妻は、小説を読んでいると、その世界に没入するらしい。

私はその感覚を知らない。

うらやましい。

もし、小説の、例えばファンタジーの世界に没入することができたとしたら、仕事のストレスも薄れるのではないか?

嫌な仕事が、現実世界が遠のいていくんだよ。

例え1時間でも。

 

小説に没入できる、できないの違いはどこで生まれるのだろう?

読む量?

別に今まで小説を1冊も読んだことがないわけじゃない。

やっぱり個性なのだろうか?