はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

小説好きの発言

妻に

「小説に没入するにはどうしたらいいの。」

と聞いた。

「他の人が小説に没入できないというのが分からないからなー。

没入という言葉が合ってるか分からないけど。

映画観てるみたいな感じ。

だから子どもの頃、

「本読んだら疲れる」

って言ってる人の言葉の意味が分からなかった。

映画観ても疲れないでしょ?

まあ、つまらない小説もあるけど。」

私「星新一の小説ってさ、テクニカルじゃん。

そういうのでも没入できるの?」

「んー、ほとんどできないけど。

面白いけどね。

面白いけど没入できないのもある。

没入しちゃうと、どこまでが小説に書いてあることで、どこからが自分の妄想か分からなくなる。

今読んでる小説も、ヒロインの服とか想像できるんだけど、多分書かれてないと思う。」

 

んー、没入する方法は分からなかった。