読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

瞑想の姿勢

瞑想の先生に
「瞑想のとき、姿勢を良くするにはどうしたらいいんでしょうか」
という質問をしたら、
「姿勢が悪くなるようなマインドがなくなれば姿勢は良くなる」
といった、意味不明な回答だった。
また、
「瞑想は、頭の中を空っぽにする作業なので、それを妨げる姿勢でなければ良い。」
ということだった。
私はずっと結跏趺坐っぽい姿勢でやっていたのだけれど、足や腰の痛みを我慢していた。
イスやあぐらでも良いらしい、というのは知っていたけれど、それでも足や腰に違和感がある。
それで思い切って、ソファにもたれて瞑想をしてみることにした。
なかなかベターな気がする。
ソファの弱点は、寝そうになるということだ。
同じく、仰向けになって瞑想することの弱点も、寝そうになるということである。
姿勢を垂直に伸ばして瞑想をする意味は、意識をハッキリさせるということであるが、痛みを我慢しないといけないとなれば、頭の中を空っぽにする作業ができない。
ソファにもたれて瞑想をするのは妥協案として良いのではないか。