徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

37.4℃

朝起きて体温を計ると37.4℃だった。
仕事を休むか迷う。
38℃以上だったら仕事を休もうと思っていたのに。


体調は良くないが、
寝起きはいつも良くない。
頭が痛い、喉も痛い。
しかしこれぐらいは解熱鎮痛剤で何とかなりそうだし、
しょっちゅう感じる痛みだ。
30代後半になって、
体調が良くない、
体調が悪い、
のどっちかしかない。


それでも休みたい理由は、
昨日、最高39.9℃まで上がったので、またぶり返すかもしれない、ということ。


休むのを迷う理由は、
仕事が溜まり、残業せざるを得なくなること。


しばらく迷い、
「とりあえず行こう。
そして、最低限の仕事だけやろう。」
と思った。


こういうとき、デジタルのタスクリスト(todoリスト)を使っていると便利である。
(私はTask Chuteを使っている。)
先送りしてもいい仕事(タスク)と、
今日やらないと困る仕事(タスク)の判別がすぐできるからだ。


また、こういうとき、タスクのマニュアルを作っていると便利である。
マニュアルのとおりに作業すればいいので、頭を使わずにすむ。
体調が悪いときにはありがたい。
ここでいうマニュアルは、
「フォルダXXXの、XXX.xlsxを開く。」
というぐらい細かくないといけない。


タスクリストとマニュアルのおかげで、今日やらないと困る仕事(タスク)は、2時間ですんだ。
「だったら最初から休めばいいのに。」
と思わなくもないが、仕事(タスク)のチェックは職場まで行かないとできなかった。


また、来週は残業も必要になるだろうが、想定の範囲内で済むはずだ。
しかしやはり体調が悪い。
仕事の合間に動きが止まったりした。
そして私は午前10時過ぎに早退することにしたのだった。
早退後に仕事が発生しなければいいが・・・。