徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

一年に一度のことは記録をしよう

【副事務局長的な人とのやりとり】
運動会のアナウンス係を頼まれた。
運動会の副事務局長的な人に。
2年前に一度やったのだけれど、レクチャーがろくにないのに業務内容が複雑だった。
しかも事務局長的な人に怒鳴られたりして、とても嫌だった。
頼んできた副事務局長的な人にそれを言い、「アナウンス係に慣れてる人はいるの?」と聞いたら「みんな初めてで。」と言う。
「いやいやいや、めっちゃ大変だよ。」と言ったのだけれど、「係員を1人増やしたからお願い。」と言う。
「ノー。」と言えない社会人。


【前日】
運動会の前日になっても、アナウンス係長的な人から連絡がない。
こちらから電話をする。
電話を取った人が「運動会の準備に出ています。」
当日にレクチャーする気か。


【当日】
当日、係長的な人が「ゆーきーさん、ベテランなんですよね?よろしくお願いします!」と言った。
「いやいや、2年前に1回やったきりなんだって!」
「ええ?!そうなんですか?!」
アイツ(副事務局長的な人)は何も言ってないのか・・・。
そして、マニュアル的な、マニュアルとも呼べない紙きれを渡され、レクチャーは3分で終わった。
「臨機応変に。」と係長的な人は言ったのだけれど、臨機応変というのは、マニュアルが細かく決まってるからこそできることだろうが!
これでは2年前の二の舞だ。


Evernote
慌ててiPhoneEvernoteで検索する。
2年前の運動会のメモを。
あのときの不満をメモしておいたはずだ。
あった。
忘れていたことも書いてある。
「もっと細かく書けよ。」と思うところもあった。
しかしとりあえず、メモを読み、不満、不安なところを係長的な人に聞く。
「あーどうなんでしょうねえ?」と不安な回答。
「確認しておいて!」
私の責任にされたら困る。
ボランティアなのに。
いくつかの不満、不安は、それが起こる前に確認することができた。

 

【まとめ】
記録しておいて良かった。
できればもっと細かく記録しておけば良かった。

一年に一度しかないことなんて、たまにしかないことだし、記録する気になれないが、1年に1度のことこそ細かく記録すべきである。

それは忘れているから。

 

あと2日以上前に記録を確認すれば良かった。
てかボランティアなのに何でこんなめんどうなことをしないといけないのか。
そう思っても他人は変わらないし、私は「ノー。」と言えない。