読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

長女が助手席から後部座席へ

長女を保育園に連れて行くとき、助手席に乗せていた。

チャイルドシートのお尻の部分だけ使って。

身長が伸びて以来。

 

それで良いと思っていたが、妻が

「それはダメらしい。」

と言い出した。

 エアバッグが作動すると、首が折れるのだそうだ。

なにそれこわい。

エアバッグ危険じゃね?

 

という訳で、長女を後部座席に座らせなければならない。

私は心が痛んだ。

今まで助手席に座っていたのに、後部座席に戻される。

長女は悲しむのではないか。

 

私も子どもの頃、ずっと助手席に座りたかったが、母の特等席だったので、座らせてもらえなかった。

 

長女が後部座席に座るのは、私も寂しい。

車に乗っている間、長女に

「あの看板何て書いてある?」

と聞いたり、iPhoneで直接音楽を流して一緒に『花束を君に』を歌ったりした。

それがもうできなくなる。

 

後部座席でもできないことはないが、カラダの距離はココロの距離だ。

 

長女に、今日から後部座席に座らなければならないことを伝えた。

「どうしてー?」

「あぶないから。」

長女は、思いの外抵抗しなかった。

 

運転中、心なしか会話も少ない気がした。

しばらくして、長女が言った。

「ずっとここがいーい!」

そこがいいんかい。