はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

ドラマ『カルテット』を観た

ドラマ『カルテット』を観た。
ちょっと前に、妻が「『カルテット』面白いらしいよ。」と言った。
能町みね子も面白いって。」
能町みね子
能町みね子が今まで何を面白いと言ってきたか知らないが、平凡なドラマに面白いとは言わないに違いない。
ドラマの評価に能町みね子を出す妻。
土日に1〜2話を観る。
面白い。
面白いが・・・
その時にはすでに7話まで放送されていた。
あと5話。
約5時間。
家事育児のすき間時間。
貴重な時間を、ドラマに費やして良いのだろうか?
躊躇。

 

さて、平日になるのだが、ちょっと好きな女性の先輩が、ちょっと好きというと誤解を招くな、まあ、好印象の先輩が、なぜ好印象かというと、挨拶をしてくれるからなのです。
駐車場から職場まで数百メートル離れているのだけれど、私は歩くのが遅いらしく、みんなが追い抜いて行くのである。
後から来たのに追い越され。
その先輩も追い抜くのだけれど、挨拶をしてくれるのだ。
「ゆーきーおはよー。」
ああ、良い先輩だなあ、と思う。
帰りも追い越される。
「ゆーきーお疲れー。」
その先輩が、追い抜いた後、振り返って言った。
「『カルテット』観てる?」
「あ、観ました。」
2話まで。
「ゆーきーって失踪した旦那さんに似てるね。」
2話まで、失踪した旦那さんは出てこない。
ドラマ風に言えば、『失踪した夫さん』
夫さんてオットセイみたいだ。

私はドラマの続きを観ようと思った。

家事育児のすき間時間に。
そして5話のラスト、ついに失踪した夫さん、真紀さんの夫さんが登場!

 

クドカンやないけー!
オレはクドカンに似てるのか?!
クドカンと言えば、脚本は書くし、役者はやるし、バンドもやる、一流のエンターテイナーである。
似てるなんて恐れ多い。
いやでも待て。
クドカンに似てるね。」とは言われていない。
「失踪した旦那さんに似てるね。」と言われたのだ。
それはつまり、クドカンの演じる役、『巻さん』に似てるということだろう。
巻さんというのは乱暴に要約すると、妻に飽きて失踪する男である。
あと声が小さい。
オレも声が小さい。
それは似てる。
しかし失踪はしない!
多分。
巻さんは妻に飽きるけど、浮気はしない。
それも似てる。
いやいや似てない。
オレは妻に飽きない。
巻さんと真紀さんは、価値観が合わなかった。
巻さんの好きな詩集や映画を真紀さんは面白いと思えなかった。
真紀さんのおしゃべりを巻さんは面白いと思えなかった。
ドラマの評価に能町みね子を出す妻は、価値観が合うと思う。
しかし妻はまだ『カルテット』を観ていない。