はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

旦那の愚痴はのろけの一種

妻と占いの話をしていて、占いが趣味の友人のことを思い出した。占いをする方。


大学の頃、私の手相をみてもらったら、「22歳と25歳に彼女ができる。結婚は・・・結婚しない人生もアリなんじゃない?」と言われた。
本当に、22歳と25歳のときに彼女ができた。
驚きと同時に、結婚できないかもしれないと落ち込んだが、今、結婚している。


また、私が24〜25歳の頃に、この友人とチャットをしていると、私が大学時代に片想いしていた女性からチャットの通知が来た。
彼女はその頃には沖縄を離れ、婚約していた。


占いの友人と、片想いしていた女性と、しばらく同時にチャットをしていた。これは2窓と言い、ネチケットとしては良くありません。


ふと、その彼女と、婚約者の相性を、友人に占ってもらおうと思い、生年月日を聞いて、占ってもらった。
すると、婚約者はワガママ、だったか何だったか忘れたけれど、要は「相性は悪い。」というようなことを言われた。
それを女性に伝えると、「そうかなあ、そういうところもあるかも。」と言いながらも、気にしていないようだった。ラブラブなんだな、と思った。


それから何年かたって、彼女と旦那がうまくいっていないという話を、彼女から聞いた。
その話を妻に言うと、妻は「旦那とうまくいってないって、どういう風に?」と聞いてきた。
あれ?間違えたかな?
私は「占いは当たることもある。」と言いたかったんだけど。


「旦那とうまくいっていない。」
改めて見てみると、パワーワードである。
昔、片想いしていた女性が「旦那とうまくいっていない。」と言うので相談に乗る図。
不倫感がある。


いやいや、相談に乗ってないです。
また、直接彼女が「旦那とうまくいっていない。」と言ったわけではなくて、近況を報告したときに旦那の愚痴っぽいことを言っていたので、私が「旦那とうまくいっていない。」と要約したのだ。


浮気みたく思われたら嫌だなーと思って話を別の方向に持って行こうと思うが、何も思い浮かばない。


妻が言う。「旦那の愚痴はのろけの一種なんだよ。」
「そうなんだ。」
「そうだよ、DVとかじゃないんでしょ?」
「そんなことは言ってなかったなあ。」
「じゃあ大丈夫だよ。どうしてもムリなら離婚するでしょ。」
いや、まあ、のろけならいいんだけど。どこまでどうなのかは分からない。本人しか。


今、私は妻とうまくいってると思っている。
逆に、妻が私に冷たかったり、怒りをぶつけることが毎日だったとしたら、つらいだろうなあ、と思ったのだ。
私は恵まれているな、と思った。
逆に、職場の係員には恵まれておらず、今日は半ば無意識に年休を取った。