はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

「奥さん大変。」と牛乳石鹸

出向元の会社の職員が開いた飲み会に行った。私を合わせて4人。


女性メンバーが私に聞いた。
「今の仕事は残業とかあるんですか?」
「あるねー。土日とかも出勤してる。」
「えー、奥さんたいへーん。」


土日に、私の妻が、子どもの面倒を1人で見なければならないことに対して、大変だと言っているのだ。
そりゃあ大変だけどさ。
オレだって大変なんですけど。


「平日遅くまで残業する方法もあるけど、それも奥さん大変かなと思って。」
「ゆーきーさん定時に帰っても、お家着くの7時とかでしょ?それまでの時間が奥さん大変だよー。」


どうしろと言うのか。定時に帰っても奥さんが大変ならば。
平日夜も残業しない、休日も残業しないとなれば、仕事はどうすればいいのか。
時間内にやればいいのか。
できないから困っている。
好きで残業してるわけじゃない。
定時でできない仕事を「できない。」と開き直れと言うのか。
そもそもこの飲み会に参加すること自体、奥さんに迷惑をかけている。


ふと、牛乳石鹸のウェブCMを思い出す。
ちょっと前に叩かれてたヤツ。


主人公がサラリーマンで、共働き。小学生くらいの子どもがいる。境遇は近いはずなのに、全く共感できなかった。


なぜ『ゴミを捨てること』『バースデーケーキを買わされること』『バースデープレゼントを買わされること』に不満を覚えているのか。奥さんはもっと家事育児やってるんだろ。罪悪感覚えろ。

 

父親に構ってもらえなかったことを思い出しているのに、なぜ自分の子とのやり取りを思い出さないのか。「親父が与えてくれたもの、オレは与えられているのかなあ?」じゃねえよ。子どもに構ってやってるのか、構ってないのか、どっちなんだよ。子どもが甘えん坊だったら、「オレが子どもの頃は。」と言えるのに。子どものシーンがなさすぎる。

 

なぜ後輩と飲みに行ったのか。家庭から逃避するなら1人で飲みに行け。あるいは同僚に誘われてフラフラと飲みに行け。仕事を優先するなら後輩と一緒に残業しろ。仕事で落ち込んでる後輩と飲みに行くとかどっちつかずなんだよ。

 

何だか前半と関係なくなってきたな。

 

奥さん仕事着っぽいのに、一緒に家出ないのはなぜか。子どもはいつ家出てるのか。奥さん仕事着じゃない可能性もあるけど。

 

グローブ買ってあげたんだから一緒にキャッチボールしてるシーンがあってもいいのに、ラストもゴミ捨てるシーンなんだよな。

 

ネットでのコメントにもあったけど、やっぱ妻と子どもは幻か、過去の記憶なのかなあ。

過去の記憶を「さ、洗い流そ。」なのかなあ。

だって、最初と最後の2回もゴミ捨てるシーンだしさ。

たった2分のCMなのに、バスから外を眺めるだけのシーンが2回もあるのも気になる。

 

仕事も大変なのに家事もやるのはつらいけど、妻と子ども達がいなくなったら嫌だなあ。(無理矢理なまとめ。)