はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

妻の花金

金曜日の夜、妻が「遊びに行きたい。」と言い出した。

子ども達が寝静まった後である。

午後11時。

「行ったらいいじゃん。」

と私は言った。

「どこに。」と妻。

「ネカフェとか。」と私。

「じゃあ行って来ます。」と妻。

ホントに行きよった。

まあいいけど。

それから私も寝た。

 

次女(2)の泣き声が聞こえる。

時計を見ると午前2時。

まだ妻は帰って来ないのか。

泣き疲れて寝やしないか、と思って無視するも、次女は泣き続ける。

這って次女の元へ行き、トントンしてやろうとするも、「いーーーやーーー。」と言って隣の部屋に行ってしまった。

えっ。

ママがいいのは分かる。

分かるよ。

でも今はママがいないから泣いてるのではないの?

「パパー!ママがいないよー!」

という場面ではないの?

なぜパパを拒絶したの?

まだ泣き続ける次女。

 

改めて私は次女の元へ行き、抱っこしようとするも、次女は両手を振り回し、

「たーたん(お母さん)がいーい!!!」

と言う。

分かってる。

分かってるって。

それは分かってるけど、なぜお父さんを拒絶するのか。

お父さんの胸で泣けばいいじゃないか。

私は継父か。

次女への愛情不足か。

 

余りに次女が泣くせいか、長女(4)が起き上がった。

次女は「たーたんが。たーたんが。」と長女に言う。

しかし長女はまた寝てしまった。

長女に非常事態を訴えたものの、長女がまた寝てしまったからか、次女は泣き続けることを忘れ、黙ってしまった。

私はまた布団に入った。

 

それから少しして、妻が帰って来た。

次女はまだ起きていたようで、妻に不満を訴えた。

 

私は子ども達を大切にしていないのかなあ。

そうなんだろうなあ。

でもなあ。