はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

福満しげゆきを読む

シゴタノ!の佐々木さんが、福満しげゆきの『妻に恋する66の方法』をオススメしていたので買った。

Kindleで。

すると、『うちの妻ってどうでしょう?』方式であった。『うちの妻ってどうでしょう?』方式というのは、コマ割りは4コマ漫画と一緒なのだが、1ネタ当たりのコマ数が2コマだったり10コマだったりする。ランダムなのだ。

 

以前、シゴタノ!の佐々木さんが『僕の小規模な生活』をブログで引用していたので(うろ覚え)、買ってみたら面白く、全巻買って、『僕の小規模な失敗』も買い、『うちの妻ってどうでしょう?』を買ったらコマ割りがストレスで、1巻でストップしてしまった。

福満しげゆきは、このコマ割りを、『じみへん』のパクリだと言っている。

 

このコマ割りがストレスなのだけれど、『妻に恋する66の方法』、1巻買ってしまったので頑張って読んだ。

その勢いで3巻まで読んだ。

やはり福満しげゆき面白い。

それからすでに買っていた『うちの妻ってどうでしょう?』1巻を勢いで再読し、2巻も買って読んだのだけど、ここで失速してしまった。

 

3巻買おうかやめようか考えあぐねていると、『中2の男子と第6感』が目に入った。

Amazonのレビューが好評で、福満しげゆきのストーリー物に全く興味がなかったのだけれど買ってみたら面白くて、全4巻買ってしまった。しかし福満しげゆきは『僕の小規模な生活』が良いと思う。

 

それから、福満しげゆきをググッていると顔が出てきて、思っていたより怖い顔である。

若い頃は柔道やっていたりジムに通っていたりしたらしいので、漫画のイメージより怖いのかもしれない。

しかし、YouTubeでインタビューがあり、観てみると、顔出しはしていなかったのだけれど、しゃべりがたどたどしかったので、やはり漫画のイメージに近いと思った。

 

ここまで書いていて、何でこんなに読んでるんだ?と自分で不思議になったが、そうか、熱で出てたから仕事休んだんだっけ、3日前。