読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

同級生とLINEスタンプ

f:id:Ukey:20150920141758p:image
大学の同級生(男)からLINEが来た。
数か月振りだ。
「娘ちゃんは元気?」
という彼からのメッセージ。
「元気だよ。2番目も生まれたよ」
と返す。
「オレも」
彼にも2番目が生まれたそうだ。
久しぶりにLINEを送って来たのはこの報告だったのか。
「今、育休取ってるんだ。1年。嫁と2人で。」
うらやましい。
私の課ではとても言い出せる雰囲気ではない。


「ところで本題なんだけど、」
えっ。
これからが本題なの?!
これ以上の本題なんてあるの?!
すっかり子どもが生まれた報告だと思ってたんだが・・・


「ゆーきーLINEスタンプ作ったことある?」
・・・。
これか。
コイツが久しぶりにLINE送ってきたのは。
彼は、好奇心が旺盛というか、小銭稼ぎの類いのネタが好きなのだ。
株、不動産投資、アフィリエイト、メルマガなど。
他の同級生には「アイツはそのうちネットワークビジネスに手を出す」と言われていた。
今のところ、彼からネットワークビジネスに誘われたことはない。
ただ、『金持ち父さん貧乏父さん』のボードゲームの集まりに誘われて行ったことはある。
まあ、言っても私もラクして小銭を稼ぎたい。
同じ穴のムジナなのだ。


とは言いつつ、ラクして小銭は稼げないというのも経験上分かっている。
株、FX、アフィリエイトせどり情報商材などに手を出したが、損はしても儲かったことはない。
彼も同じはずだ。
なので、私は彼の「LINEスタンプ」に苦笑したのだった。
懲りないのな。


「LINEスタンプは考えたこともなかったな。それより情報商材とかオンラインセミナーやった方が儲かるんじゃね?プロブロガーがオンラインセミナーで儲けてるらしいよ。ググれば出てくるような薄っぺらい内容で」
と私は返事をした。
「ふーん、それも面白そうだね」
と彼。
でも、ふと、思い直す。
「LINEスタンプ作るのも面白そうだな」 


思い出したことがある。
誰かのブログのエントリーだった。
週末にあれこれやろうと思っていたのに、パソコンのソフトが動かなくなって、いろんな試行錯誤をして、海外のサポートにもメールでやり取りして、ようやく直った、という話。
やりたいと思っていた作業はできなかったけど、何だかすごくためになった気がする、と。


「LINEスタンプを作る」というのも、儲からないだろうけど、勉強になる、いい経験になるのではないか。
まあそんな大それた経験にはならないだろうけど、ダラダラツイッターはてブ眺めてるよりは、あるいは、ビジネス書を読むよりは、いい経験になるのではないか。
何か、新しい遊びを教えてもらった気がして、彼に感謝した。心の中で。


しかし、彼は1年も育休取るんだよな。
それでLINEスタンプ作るとか悠々自適じゃん。
うらやましい。