徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

すべては思い込み?

仕事のことを考えると憂鬱だ。

スタンフォードのストレスを力に変える教科書』を再読する。

第1章の見出しが『すべては思い込み』。つまり、「ストレスは悪いもの」だと思わず、「良いもの」だと思えばいい、という内容だ。

ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。ストレスは体に良い。

余計ストレスが溜まるわ!!!!!

思い込みは変えられるのだろうか?嫌だと思っているものを受け入れるのにも限度があるのでは?野菜が嫌いだとして、「体に良いから」という考え方を取り入れて、我慢して食べることは可能だろう。では、尿は?昔、健康のために尿を飲む人たちがいたよね。今もいるのかな?私は無理だ。だいたい、簡単に思い込みが変えられるなら、私はリア充なはずだし、大金持ちになっているはずだ。こんな風にできない理由を考えているからいけないのか?

しかし、胸のムカムカ、沸き起こる不安がやまないのは事実なのだ。正直、体調を崩してしまわないか心配している。