徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

台湾前日

ただ今午前8時2分。
空港。
国際空港。
LCCの。
倉庫のような。
これから台湾に行きます。
旅行で。

昨日の午後6時、まだ仕事をしていたのだけれど、妻から電話がかかってきた。
「まだ仕事?」
「うん」
「保育園で、娘が体調悪そうって言われたから病院連れて行こうと思うんだけど」
「あと2〜30分では帰れるけど・・・」
「病院の時間ないしすぐ連れてくわ」
明日台湾なのに。
保育園ではインフルが流行っているらしい。
てか沖縄中で流行っているらしい。
台湾がキャンセルになるのは残念だが、気がかりなのは妻だ。
計画は妻が全部していた。
子どもが生まれてからずっと「どっか旅行行きたい」と言っていた。
この数週間、布団の中で寝ずにスマホで台湾情報を漁っていた。
これがキャンセルになったら。
まさか長女に当たるわけにはいかない。
当たるとしたら・・・
ヒィッ。

仕事を終え、家に帰る。
しばらくして、妻と娘たちが帰ってきた。
咳しているが、熱はないそうだ。
これなら。

深夜、長女が「うんこーしっこー!」と泣き出した。
妻が言う。
「熱あるみたい・・・」
「・・・体温計で計ってみたら」
計ってみた。
熱があった。
ダメか。
妻が言う。
「2月は仕事休める?」
「いや、職場で確認しないと・・・」
「飛行機の1時間までしか振替できないんだよ?!」
「でも・・・」
「あー、ホテルの当日キャンセルもあるし、いくらかかるんだろ・・・」
「とりあえず、6時に考えよう」
そう言って2人黙り、布団に入ったが、寝つけなかった。
妻もそうだろう。
何度も長女の頭を触る。
しばらくすると、さっきより熱が下がっている気がする。
下がってー。
布団にもぐり、浅い眠りについた。
浅い眠りにさすらいながら。

6時。
寝ている長女のワキに体温計をさす。
平熱だ!
予定通り行くことにした。