はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

残った大皿料理を片付けるのは許されない

披露宴に出席した。

円卓の中華テーブルの大皿料理だった。

大皿の中が1/4ぐらいになったので、取り皿に移し、中華テーブルに戻した。

隣の先輩が「気が利くね。」と言った。

本当は、ホテルの人がやって欲しい。

やるかもしれない。

しかし、やらないかもしれない。

大皿にまだ残ってるのに、片付けるホテルの人がいる。

まだ残ってるだろ!

「あ、食べるんで。」と言えばいいのかもしれない。

けど、恥ずかしい。

私はすでに、食べているから。

自分の分が1だとすれば、1.2〜1.3は食べている。

1テーブルに今日は11人座っていたが、1食べない人もいるのだ。

いや、ちゃんと様子は見てますよ?

「ずっと残ってるな。」って。

時間を見計らってます。

だから、ちゃんと食べてるから、片付けるホテルの人に「あ、食べるんで。」と言い切れない。

黙って片付けるホテルの人はダメだけど、「お召し上がりになりますか?」と近くの人にだけ聞いて片付けるのもいる。

これもダメ。

オレに聞けよ!

全員に聞けよ!

「お召し上がりになりますか?」

「いいです。」

「あ、僕食べます!」

と言い切れない。

だから率先して、大皿に残っている料理を取り皿に移しているのだ。

あと、大皿料理なのに、1人1個の料理とかあるじゃないですか。

ステーキとか。

今日、欠席が1人いて、1枚余ってたんですよ、ステーキが。

大皿に。

そしたらホテルの人が「まだ召し上がられてない方?」とか言うんですよ。

だから「欠席がいるんで、取り皿に移してください。」って言ったんですよ。

そして、取り皿に移したステーキが、中華テーブルに残った。

いや、もうお腹いっぱいだったからね、私が食べなくてもいいんですよ。

他の人が食べても。

しかし、片付けるのだけは許されない。

そしたらしばらくしてホテルの人が来てね、ステーキ指して「まだ召し上がられてない方?」って言うんですよ。

何でだよ。

置いとけよ。

私は「はい!」と言ったね。

挙手した。

食べたよ、ステーキを。

大して美味しくなかったけどさ。

硬くて。

しかし片付けるのだけは許されない。

余興?

挨拶?

それどころじゃないよこっちは。