読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

『ママがいい。』

最近、妻の帰りが遅い。(小町ではありません。)

私は2人の子ども達を保育園にお迎えに行き、シャワーに入れ、夕ごはんを与え、洗濯物をたたむのだけれど、夜9時頃になると、子ども達が泣きだす。

次女(1)はしゃべれないので泣くだけなのだが、長女(4)は「マーマー!」と泣く。

「マーマーがいいー!マーマーがいいー!」と泣くのだ。

ちょっと待て。

聞き捨てならない。

『がいい。』とは何だ。

ママが恋しいのは分かる。

しかし『がいい。』とは何だ。

その前に『パパよりも』というのが含まれているのか。

家族4人で1つ、マルだとしたら、ママが欠けて、3/4のマル、それはさびしい、というのなら分かる。

しかし「ママがいい。」というのは、AよりもBがいい、パパよりもママがいい、みたいではないか。

実際そうなのだろう。

しかし、しかしだよ、仕事終わって、保育園にむかに行って、シャワー入れて、夕ごはん与えて、お前らの洗濯物たたんで、保育園の準備して、コンビニにお菓子買いに行って、それで「ママがいい。」かよふざけんな。

「パパも好きだけどママも好きだからいなくてさびしいー、やっぱり4人で1つの家族だよねー、パパーいつもありがとうー。」ぐらい言いながら泣けないのか。

言っても伝わらないと思うのでネットでグチる。