徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

ついでコスト

アイロンをかけていると、妻が「アイロンかけるんだー私のもかけてー。」と言った。

「えっ、嫌だよ。」と私は言った。

すると妻は「あなたっていっつもそう。自分のことしかやらない。私はサンドイッチ作るときは『ゆーきーのも作ろうか?』って聞くのに。」と言った。

私はとても嫌な気分になった。嫌な気分になったので返事もできなかった。

アイロンをかける前に子ども達の洗濯物をたたんだのは誰なのか。

これから散らかった部屋を片付けるのは誰なのか。

散らかった台所を片付けるのは誰なのか。

トイレ掃除をするのは誰なのか。

風呂掃除をするのは誰なのか。

私だ。

(結局これらの家事を終えるのに午前7時から始めて11時までかかった。)

妻が家事をしていないということではなくて。

妻だけにかかる分までやってあげる余裕がない。

 

「ついでだから。」ということだろうが、「ついで」にもコストがかかっている。

スーツを2着買うと2着目半額、というものがあって、お得な感じがするが、それは感じがするだけで、コストはかかっているのである。

 

結局妻は、自分のシャツを見て「イケる。」と言い、アイロンをかけなかった。