徒然日記(仮)

徒然なるままに(仮)

身体イメージを大きくできないか?

『脳のなかの幽霊』で、

幻肢の話があるんですけど、

腕がないのに、腕の感覚があるっていう。

それから、

著者が作った簡単な装置でその幻肢がなくなるんですけど、

これを応用できないですかね?

 

あなたの身体イメージは、

持続性があるように思えるにもかかわらず、

まったくはかない内部の構築であり、

簡単なトリックで根底から変化してしまう。

『脳のなかの幽霊』

 

身体イメージが大きければ、

小さいことにクヨクヨしなくなるはずだ。

 

身体イメージを大きくするというか、変える方法として、

パッと思いつくのは、

服装を変えるとか。

太るとか。(イメージじゃねえ。リアル身体が変わっとる。)

デカく映る鏡を見るとか。

 

他に、身体イメージを大きくする方法として、

自分の身体が

建物とひとつになり、

街とひとつになり、

地球とひとつになり、

ってイメージする方法があった気がする。

 

石井裕之というセラピストの本にあったと思うんだけど、

ググったら引退したらしい。

ブログだったか何だったか忘れたけど、

彼がグチめいたことを書いてた気がする、昔。

セラピストでも悩みはなくならないんだなー。