はてなブログ(仮)

はてなブログ(仮)

Apple TVのリモコン

妻から、「Apple TVのリモコン、買った方がいいかね?」とメッセージが届いた。

メッセージというのは、iPhoneのiMessageのことです。最近、LINEの通知がされたりされなかったりする。原因は不明。

 

なぜそんなことを聞くのかというと、娘がリモコンをなくしたからだ。二度目。酷い。1回買ったよ。

 

ご存知ですか?Apple TVのリモコン。小さい。ジョブズ(ジョブス?)の化身のようなシンプルなリモコン。それが仇となる。なくしやすい。

大人だけならなくさないだろうけれど、小さいお子さんがいるとなくす。

 

さらに腹が立つのは、ほぼ、長女(4)が、YouTubeを観るためだけに使っていることだ。YouTubeといっても、ユーチューバーですよ。延々ユーチューバーの動画が流れていると、不快になってくる。しかし、子どもが好きなものを取り上げるのは悪いと思い、我慢している。

その上での、リモコンをなくすということ。ない方がいい逆に。

しかし、長女は知っているのである。iPhoneにはApple TVを操作できるアプリがあることを。

 

長女が言う。

「小さいリモコンつけてー。」

「自分でつけなさい。」

「小さいリモコンはー?」

「知らないよ。長女が使ってたでしょう。」

「ねー、電話でつけてー。」

イラッ。

動画に飽きる度に、違う動画を要求するのも腹が立つ。

 

今度、YouTubeをせがまれても、

「自分でリモコン探せ!!!」

と突っぱねてやる。

二度目だよだって。

子どもとお菓子を買いに行く

今日は妻が出張で、保育園の送迎をした。

シャワーを浴びせ、ごはんを食べさせ、コンビニにお菓子を買いに行く。

子ども達は私のことが好きでないから、好きでないというと悲観的過ぎるか、ママのことが大好きで、さびしいであろうから、せめてものご機嫌取りである。

コンビニで長女(4)は、「これ買っていい?」と言った。

ジュースサーバー型の容器に入ったラムネのお菓子である。

「前買ったでしょ!2つも!」

「違うもん!形が!」

確かに違う。

前に買ったのは自動販売機型であった。

それを、色違いで2つも買っている。

色違いを買おうとしたときもムッと来た。

何でやねん!

同じのあるだろ!

色が違うからって何なんだよ!

そのときは、もう二度と買わないぞと思ったのだが、今度はジュースサーバー型である。

ほぼ一緒。

ほぼ一緒だが、少し大きく、コップがついている。

腹立つ。

マイナーチェンジしてくるお菓子会社にも。

それに騙される長女にも。

「ダメ。」と言ったものの、長女は食い下がってくる。

絶対ダメと言うこともできる。

しかし今、お菓子を買う理由はご機嫌取りだ。

長女の機嫌を損ねてまで別のお菓子を与える理由がない。

また、このお菓子は410円。

微妙に高い。

そしてこれは、ほぼ容器代で、食べられるラムネは10〜20円だろう。

結局買ってあげた。

妻に呆れられるかもしれない。

そもそもお菓子を買いに行かなければ良かったのかもしれない。

昔のCMを観る

沖縄の昔のCMをyoutubeで観る。

私は1978年生まれだから、80年代の。

体の一部がゾワッとするような、胸が締めつけられるような、泣きたくなるような。

CMの方がいい。番組より。なぜだろう。

ウルトラマン80仮面ライダースーパー1をhuluで観みた。

最初は「懐かしい!」と思ったものの、ほとんどストーリーは覚えていなかった。

ウルトラマン80の主人公が、長谷川初範だというのも、観返して初めて知った。

客観視すると「終わってるな。」と思う。

昔のCMを観て浸ってるアラフォー。

仕事に疲弊して。

定型句になっている、『電車で運ばれる死んだ目をしたサラリーマン』

私は電車に乗らないけれど。

若者がなりたくない大人の代表。

今まで読んできた自己啓発書、ビジネス書、成功本、スピリチュアル本は全て無駄だったのだろうか?

セミナーや合宿は?

仕事に余裕が出れば、この荒んだ感情も落ち着くと思うけれど、アラフォーだぜ?

アラフォーになっても仕事でいっぱいいっぱいになる。

死ぬまでこんな浮き沈みを味わうのだろうか?

そうなのだろう。

 

そうさ人生は一切皆苦

芭蕉が詠むのは575俳句

車がないならヒッチハイク

襲ってくる鳥ヒッチコック

ストレス溜まって人間ドック

入院決定オレ孤独

(いや、入院決定してないです。)

バッグを忘れる

体調も悪く、仕事もいっぱいいっぱいだったので、係員Aの言動に我慢できず、声を荒げてしまった。
Aは「大きな声を出されると、驚きます。」と言った。
そりゃあ驚くだろう、普段大きな声出さないし。
しかし、Aは発言をやめなかった。
私は「課長か部長に言え!!!」と声を荒げたはずなのだが。


20〜30分Aは発言し、気がすんだようだった。
私はその間ずっと左手で右手を揉んでいた。
エネルギーのやり場に困っていた。

もう一度神経を逆撫でするような発言があったらキーボードを叩き割りかねなかったが、そこまでは至らずにすんだ。


Aは「大きな声を出されたのは、私がBさんの名前を出したからでしょうか?」と言った。
私は、声を荒げたのに発言をやめないのにも驚いたし、声を荒げた理由も分かってないことにも驚いた。
そして、Aの発言の何もかもが的外れなのもショックだった。


私はやぶれかぶれな気持ちになって、午後休むことにした。
ファストフード店に行き、それから家に着いた。
家に着いて気づいたのが、ファストフード店にバッグを忘れたことだった。
家からファストフード店までは、高速で約1時間である。
ちなみに、正確には、高速ではないらしい。有料道路らしい。

LINEマンガを読む

妻がLINEマンガを読んでいた。タダだから。

私も読んでみることにした。

LINEマンガは1〜3話とか、読める話が限られている。

だから「少なっ。」と思ってしまう。

しかしこれは逆にいいのかもしれない。

「先が読みたい!」と思ってつい買った電子書籍(マンガ)が、1〜2巻を読んで、「それほどでもなかった。」ということがあった。(しかし、LINEマンガで気になったのに、Kindleで買った。)

短ければいいということもあるのだ。面白く感じてしまう。

短いのは、読む側にとってデメリットだが、ラインナップが豊富である。

例えばネカフェだと、全巻読めてしまうため、限られた種類のマンガしか読まない。

例えばジョジョを全巻読んで終わり、とか。

しかしLINEマンガは数話しか読めないため、ラインナップを適当にピックアップして読む。

『白竜』も『ミナミの帝王』も、LINEマンガでなければ手に取らなかったであろう。

しかしこれはそもそもになるが、LINEマンガに限ららないが、なぜ1巻あたり1泊50円ぐらいで電子書籍(マンガ)を読ませてくれないのか。レンタルで。

Kindle Unlimitedはろくなラインナップがないが、1日1,000円ぐらい取ればいいじゃないか。

読み放題はネカフェでやってるし、1泊いくらはTUTAYAでやってる。

リアルでやってるのになぜ電子書籍ではやらないのか。

正直、マンガにお金を払うのはコスパが悪いと思っていて、これはマンガ好きには申し訳ないのだが。1巻あたり500円ぐらいするのに、十数分で読み終えてしまう。さらに私が、同じマンガを何度も読めるタイプではないので、高く感じるのだ。

その点、LINEマンガは、読める話は限られているが、ラインナップが豊富なので、暇つぶしには良い。無料だし。

やっぱ一番いいのは1泊いくらのレンタルなんだけど。電子書籍で。レンタルコミックと謳っているアプリがあったが、1泊いくらで読めるマンガで、読みたいマンガがなかった。

休日出勤

休日に仕事をしている。
職場まで片道1時間。往復2時間。
約4時間やろうと決めている。
やり過ぎると月曜日から疲れる。
平日に遅くまで残業するのは、睡眠時間が減るのと、家事を全て妻に任せるのは気がひけるのと、で、控えている。「今日中にやらなきゃ!」というのは仕方ないけど。
もっと、業務中に、効率的に仕事をする方法もあるのかもしれないけれど、私は知らないし、知ってもできないこともあるだろう。
現状は、こうせざるを得ない。


今日(休日)、仕事をしていたら、係員Aが入ってきた。
「職場が開いていたので。」と言った。
それから「仕事がお忙しいようでしたら、私にお申し付けください。」と言った。
私は「今は大丈夫です。」と答えた。
そしてAは帰って行った。

 

この文章をこれ以降も長々と書いたのだが、恐ろしくなって削除した。

 

もしもオレの日常が牛乳石鹸のCMだったら

朝、家族で一番に起きる。
(CM的に牛乳石鹸で顔を洗ってもいいが、現実では顔自体洗わない。)


仕事着で娘達を起こし、体温を計り、保育園の連絡帳を書いて、朝食を作っている妻と娘達に「いってまいります。」と言う。


高速道路と、ぼんやり運転しているシーン。(通勤時間が長いことを表す。)


夕方、社員が半分ぐらい帰りかけている職場で、時計を見て、片付けを始める。(仕事はまだ途中だが、諦めて帰ることを表す。)


「ただいま。」帰宅。妻と娘達は、ほぼ夕食を終えている。(妻が片付けているシーンが、時系列的に良いか?)


一人、シャワーのシーン。(CM的に牛乳石鹸だが、現実では、別メーカーの液体石鹸を使っている。湯船に入らないのは、時間がないことを表すためでもあるが、沖縄県民はほとんど湯船に入らない。)


妻が次女(1)を寝かせているシーン。長女(4)はパジャマで(現実では部屋着)、お人形で遊んでいる。私は、保育園のバッグに娘達の着替えを入れながら、「早く寝なさい。」と言う。


別の日。仕事中に妻から「今日仕事で遅くなるからお迎えお願い。」とメールが来る。(現実では、当日より前に言われることがほとんどだが、CM的に。)


保育園に行くと、長女は「お母さんは?」と不満そうで、次女は「ちゃーちゃーん!」と泣く。


脱衣所のシーン。長女が「お母さんと入るー!」と言ってグズっている。次女は「ちゃーちゃーん!」と言って泣いている。イライラしている私。(現実には泣こうが力ずくで入れるが、CMだと炎上するのでマイルドに。)妻が帰ってきて「あらあら、どうしたの。」と言う。


一人座って牛乳石鹸で体を洗うシーン。立つ元気もないことを表す。


風呂上がりに洗濯物をたたむ私。お風呂場から、妻と子ども達の楽しそうに歌う声が聞こえる。
すこしほころんだ表情。
「さ、洗い流そ。」

 

※いや、別にこの方があのCMより良いというわけではありません。こんなの作ったら「自己憐憫が酷い。」と思われることでしょう。これは私のブログだから良いんです、自己憐憫が酷くても。